BLOG

生前に葬儀の準備をするコツ!事前準備のメリットと6つの手順を解説

生前に葬儀の準備をするにはコツがあり、失敗や後悔を防ぐには、できるだけ元気なうちに着手した方が良いのをご存知ですか?最近は若者にとっても生前の「終活」は常識となり、20~69歳で生きているうちに死後の準備をする意向のある人は、71.8%を占めていることが判明しました。出典:終活に関する調査(

コープは葬儀の積立金制度で最大11万円分お得!互助会との違いとは?

葬儀費用は決して安いとは言い切れず、突然の葬儀にあたって、費用の捻出にお困りのご遺族も少なくありません。近年は将来に備えて「終活」を行う方がたいへん増えていますが、子どもや周囲に迷惑をかけないためには、生前のうちから葬儀費用の積み立てをしておくと安心です。葬儀の積立金制度にはさまざまあります

家族葬とは?どこまでが呼ぶべき範囲?参列者の具体例や注意点を解説

人気のある家族葬ですが、いざとなると「誰を呼べばいいの?」「自分は参列するの?」と、遺族側も参列者側もそれぞれの立場で戸惑うことがよくあります。誰もが参列できる昔ながらの葬儀とは違い、家族葬では一般参列者の会葬を断るケースが多いほか、斎場は式場スペースに応じて着席人数が制限されるのが実態です。

コープ組合員様見学会を開催しました。

皆さんこんにちは。市内で家族葬専用邸宅ホール「ウィズハウス末広」「ウィズハウス東光」「ウィズハウス神楽」、総合葬儀式場「弘善社中央斎場」を展開しております、(株)弘善社の太田弘文です。7月30日、7月31日の両日、コープ組合員様の見学会を「ウィズハウス神楽」にて開催いたしました。30日は

【たくさんのご来館ありがとうございます!】中央斎場のイベントが終了しました!

皆さんこんにちは。市内で家族葬専用邸宅ホール「ウィズハウス末広」「ウィズハウス東光」「ウィズハウス神楽」、総合葬儀式場「弘善社中央斎場」を展開しております、(株)弘善社の太田弘文です。さて、7月31日に中央斎場におきまして、ドライフラワー作成体験教室、人形供養、切り花販売、相談会の内容でイベント

自筆証書遺言の法改正について〜遺言をしやすくなりました!

こんにちは。終活応援葬儀社の弘善社 太田弘文です。今回は久しぶりの終活ネタを取り上げてみたいと思います。遺言についての法改正が、昨年から今年にかけて2つありました。2つとも「自筆証書遺言」に関する緩和です。それではまず...「遺言を残した方が良い方」とはどんな方でしょ

おひとりさまの終活❸〜意思を残す手段とタイミング

皆さまこんにちは。終活応援葬儀社の太田弘文です。さて、「おひとりさまの終活」の第3回です。今回は「死後事務委任契約」を中心にお話しさせていただきます。前回のおさらい前回までは以下をご参照ください。(リンク先を参照くださいね)おひとりさまの終活❶〜あなたの面倒はどな

おひとりさまの終活❷〜元気な今のうちに意思を残そう!

こんにちは。終活応援葬儀社の弘善社 代表取締役の太田弘文です。前回、「おひとりさまの終活」の現状をお話しさせていただきました。前回ブログ→「おひとりさまの終活〜あなたの面倒はどなたがみてくれますか?」前回の後半に、「生前の問題点」を少しお話しいたしましたが、今回はその

おひとりさまの終活❶〜あなたの面倒はどなたがみてくれますか?

こんにちは。終活応援葬儀社の弘善社 代表取締役の太田弘文です。今回は「おひとりさまの終活」について書いてみようと思います。なぜ「おひとりさまの終活」なのか。それは今やおひとりさまは特別なものではないと同時に、おひとりさまには「おひとりさまの終活」が必要だと思うからなんです。また、

あなたに万が一のことがあったら〜ご逝去後の各種webアカウントの削除方法

みなさんこんにちは。6月に入り、いよいよ夏に近づいてきましたね。さて、昨年から「おひとりさまの終活」について勉強しています。「おひとりさま」には「おひとりさま専用の終活」があると思っているからです。・自分の身の回りのことは誰にしてもらうの?・自分の財産管理は誰にし

TOP